ツール・ド・ニッポンとは

ヒルクライム

競技説明

ヒルクライムとは、自転車での登坂競技のこと。 山や丘陵の上り坂に設定されたコースを走るソロのタイムレース。
(本大会は、全長11.7km・平均勾配9.7%・標高差1138m・最大勾配13.5%のコース)

カテゴリー・参加費

カテゴリー 競技内容 参加料/人 定員 出場資格 表彰対象
ロード
※1
A 高校生~29歳 既定距離の走行タイムを競うヒルクライムレース ¥6,500 600組 高校生以上 上位3位
B 30~39歳 上位3位
C 40~49歳 上位3位
D 50~59歳 上位3位
E 60歳~ 上位3位
F 女子 上位6位
G ヘビー級(体重80kg以上)
※3
上位3位
MTB
※2
男子 ¥6,500 上位3位
女子 上位3位
ジュニア
※4
中学生(男女) ¥3,500 中学生 上位3位
小学5-6年(男女) ¥3,000 小学5-6年 上位3位

※1【ロード】クロスバイク・小径車(タイヤ径22インチ以下)も含む
※2【MTB】タイヤ幅1.9インチ以上、ドロップハンドル以外、補助駆動装置付きは不可
※3【ヘビー級】大会当日に体重測定をおこないます。

※4【ジュニア】親御さんの伴走が可能です。一人で走るのは不安という方は必ず事前に事務局へ伴走の申請をしてください。
*ただし、伴走はタイムを上げるためではなく、完走補助をするための伴走になります。 あくまで体調・安全管理のサポートとしてご認識ください。

表彰

上位入賞

対象 授与物 副賞
ロードA~E、G、MTB、ジュニア
上位1~3位
賞状・副賞 自転車グッズ
地元賞品など
ロードF(女子)
上位1~6位

特別賞

対象 授与物 副賞
とび賞 総合38位
総合128位
総合312位
賞状・副賞 自転車グッズ
地元賞品など
仮装賞 戦国武将に扮し目立った仮装をした人 賞状・副賞 地元賞品など
名言賞 最も武将らしい名言を残した人 賞状・副賞 地元賞品など
武田二十四将 総合成績
上位24位
武田二十四将の称号
賞状・副賞
武田二十四将オリジナルジャージ
武田3姫賞 女性
上位3位
賞状・副賞 地元賞品など
合戦の部 1組3人チームでエントリー可能。
3人の合計タイムで競う
上位1位を表彰
賞状・副賞 地元賞品など

ポイントランキング

ツール・ド・ニッポンの各レースで付与されるポイントを、シーズン通算し、総獲得ポイントで競うランキングです。
ポイントランキングの詳細はこちらをご覧ください。
レースの指定カテゴリーでの獲得ポイントは、下記部門に加算されます。

シリーズポイント部門 本レースの対象カテゴリー
個人 男子・ロード ロードA~E、G
女子 ロードF

計測方法

スタート方式について

本大会では、パレード走行からの「ローリングスタート」方式を採用します

開催にあたってコース上は「全面道路封鎖」を行っておりますが、道路封鎖が可能なコース上に、スタンディングスタートに適した「平地」がございません。静止した上でのスタートに不適と判断したため、「ウェーブ毎のパレード走行」から、そのまま制止せずにスタート地点を走りぬける、「ローリングスタート」を採用しております。

タイム計測について

『ネットタイム方式』を採用いたします。

ネットタイム方式とは
選手がスタートラインを超えてから、フィニッシュラインを通過するまでのタイム。

計測方式のメリットデメリットについて

数千人規模のメジャーレースでは、スタートが長蛇の列となるため、スタート時に後方に並んだ選手が、号砲が鳴ってから実際にスタートラインに到達するまで大きなロスタイムが発生し、後方からスタートする選手ほど不利になるため、そういった不公平をなくすため『ネットタイム方式』を採用しております。

ただし、ゴール地点の見た目の順位と、実際の順位が異なることから、

  • 〇選手の皆さんにとっての順位把握がしにくい
  • 〇応援・観戦する皆さんにとって分りづらい

などのデメリットもあります。

 

パレード区間について

本大会は下記の通り、受付会場からスタート地点までのパレード区間を走行します。

aaaa80d49b3268697a310986f3dfcfc5

  • ①. パレード走行 開始地点(みだい体育センター:受付&メイン会場)
  • ②. 計測スタート地点(甘利山入口)
  • ③. ゴール地点・ゴール会場(甘利山グリーンロッジ)

ルール

エントリー前に、必ず全ての競技規則・注意事項をお読みください。

当日会場で規約・規定に違反が発見された場合、レースに参加することはできません。
不明な点は、必ず事務局まで事前にお問合せください。

競技規則

大会参加にあたって

  1. 健康管理に細心の注意を払い、主催者が設けた全ての規約、規則、指示に従ってください。
  2. 大会及び付帯行事で発生した事故に対して、自己の責任おいて一切の処理をしてください。
  3. 参加者は大会の安全開催・円滑な運営に努め、主催者・管理者並びに参加者・関係者の誹謗・中傷を行ってはなりません。
  4. 安全にレースを行なうため、全ての参加者はスタッフの指示に従ってください。

競技について

  1. 参加者は、他の競技者を押したり、走路を横切るなどの危険走行をしてはいけません。そのような妨害行為をした参加者は失格となります。
  2. 追い越し、追い抜きは原則右側から行い、遅い選手は左側を走行してください。
  3. 追い越し、追い抜きをする際は、追い越し、追い抜きされる参加者に必ず声をかけてください。気持ちのよい声がけを心がけましょう。
  4. 参加者は、追い抜いた自転車の前方コースに入る場合は、約3m以上先行してからコースに入ってください。
  5. 参加者は、レース中に主催者および救護スタッフからレースの中止を命じられた場合、直ちに競技を中止してください。
  6. 参加者は万一重大な事故、緊急を要する事態が発生した場合、大会運営スタッフの指示に従うと共に、安全な状況の確保に努めてください

レース中のトラブル

  1. レース中に起きた事故はどのような場合でも大会本部まで届け出てください。
  2. 救護スタッフが傷害の度合いによって対応します。
  3. 事故、落車による怪我等に関しては、主催者加入による傷害保険範囲内からの補償となります。
  4. メカトラブル等で停車する場合は手を挙げるなどして周囲に停車することを知らせた後、周りをよく見て速やかにコースの端に寄り、近くの立哨員または巡回しているスタッフに声を掛けてください。

その他の注意事項

  1. コース・スケジュール変更について
    大会スケジュールおよびコースは、諸事情により変更することがあります。予めご了承ください。変更になった場合は臨時アナウンスをしますので、レース中でもアナウンスには注意してください。
  2. 大会の中止
    大会は雨天決行です。悪天等の諸事情による開催の可否は、大会当日の朝(詳細な時間が決まり次第お知らせします)から、大会ウェブサイトにてお知らせします。

車輛規定

車輛・車種規定について

【注意】当日会場で車両規定違反が発見された場合、レースに参加することはできません。

    参加者が使用できる自転車は、フリー式とし、前後ブレーキは完全なものとします。参加者は、自己の責任で自転車の整備を行なってください。

  1. 使用する自転車はレースイベントでの走行に耐える強度を備え、整備された自転車である事を義務付けます。
  2. DH、クリップオン、スピナッチタイプ、その他アタッチメントバーの使用は、素早いブレーキ操作の妨げになるため、認められません。
  3. 一本足スタンドは必ず外して走行してください。
  4. 電動アシスト付自転車やタンデム車、リカンベント車は出場できません。
  5. MTB部門に出場可能な車両は、タイヤ幅1.9インチ以上、ドロップハンドル以外のものとします。※補助駆動装置付きは不可

    ※ご自身の自転車が規定に合うか不明な場合は、必ず事務局まで事前に問合せください。
車種 使用 出場可能種目
ロードレーサー OK ロード
MTB OK MTB*1
クロスバイク OK ロード
小径車(タイヤ径22インチ以下) OK ロード
軽快車(ママチャリ) OK ロード*2
ピスト(固定ギア) NG
タンデム自転車 NG
リカンベント NG
ステップ付BMX NG

※1 タイヤ幅1.9インチ以上、ドロップハンドル以外、補助駆動装置付きは不可

ハンドル形状
使用可能 OK 通常のドロップハンドル
フラットハンドル
ライザーバー
ブルホーンハンドル
※フラットハンドルのバーエンド使用可
使用不可 NG DHバー
クリップオン
スピナッチ(その他ドロップハンドルに付属されるアタッチメント)
※素早いブレーキ操作の妨げると判断されるもの。
空気抵抗の優位性を防ぐと判断されるもの

装備規定

装備規則について

  1. 試走・レースでコースを走行する場合は必ずヘルメット(カスクは不可)及び手袋を着用してください。
  2. 参加者は、アイウェア・腕時計の装着・携行は認めますが、脱落しないようにしてください。また、ガラス容器、その他危険物を携行することは禁止します。
  3. 参加者は、携行した飲料(水に限る)をレース中に飲用できますが、アルコール類、興奮剤等の薬品を用いることは禁止します。
  4. 参加者は、受付で配布された指定のゼッケンを腰の右側の見える位置に取り付けてください。
付属品
使用可能 OK サイクルボトル、キックスタンド、ボトルゲージ、ミラー、 サドルバッグ、キャリア、ライト、泥よけ、サイクルコンピュータ
使用不可 NG かご、両足スタンド 、片足スタンド ※走行時に接触の恐れがあるため。転倒時の安全確保のため

保険

主催者加入の保険適応範囲

レース時間(試走を含む)の接触・落車などで、大会参加者以外の介入のない事故による怪我

以下は主催者加入の保険適用外となります。

・車・歩行者・観戦者等の大会参加者以外の第3者との接触などがあった場合
・レース時間(試走を含む)以外の会場外での事故(会場への移動等)
・自転車(フレーム・各種パーツ)や付属品の破損・紛失・盗難等

注意事項

・補償内容に不安がある方は、各自で保険に加入してください。(ご自身で保険に加入された場合は、必ず事前に補償内容・適応条件等をご自身でご確認ください。)
・自身の過失による相手方の怪我・自転車や付属品の破損については、当事者間で処理をしてください。危害を被った場合も同様に当事者間で処理をしてください。

補償内容

死亡補償 最高300万円/後遺障害補償 最高300万円/入院日額3,000円 (※入院限度日数:180日)/通院日額2,000円

補償される特定疾病

急性虚血性心疾患(いわゆる心筋梗塞)、急性心不全等の急性心疾患、くも膜下出血、脳内出血等の急性脳疾患、熱中症(日射病および熱射病等)、低体温症、脱水症など

保険会社

Chubb損害保険株式会社※自転車の破損・紛失・盗難等は保険対象外となりますので予めご了承ください。

もしケガをしてしまったら・・・・・

大会終了後、すみやかに事務局にご連絡ください。

◆ツール・ド・ニッポン事務局 03-3354-2300(平日10:00~17:30)

保険申請手続き等の詳細に関しましては、ご連絡いただきました際にご案内いたします。
その他、ご不明な点などございましたら、上記事務局までお問合わせください。

保険の詳細についてのお問合せ先

Chubb損害保険(株)代理店 (有)ワイコーポレーション 045-664-3070(平日9:00~17:00)