ツール・ド・ニッポンとは

万が一コース上で何かトラブルが発生したときは・・・・

「ライハン攻略2」ということで、もしもコース上でトラブルが発生した場合の対応方法をお伝えしたいと思います。
しっかりとこの内容を読んで、できる限りリスクを起こさない走りを心がけるようにしてください!

交通法規は絶対厳守!!

トラブルリスクを減らすためにまず皆さんに実践して欲しいのが、
道路交通法の遵守です。
今回はクローズドのサーキットでやるレースではなく、
一般車道を走って楽しむサイクリングアクティビティです。

大原則として下記のことは必ず守るようにしてください。

・車道の左側走行

・一列走行の順守と他重列走行の禁止
・信号の厳守 ・自転車走行可能な歩道および歩行者共有区間での歩行者優先走行の厳守
・他の自転車の追越し時の声かけ、手信号の実施

特に今回はチームでご参加の方に関しては、他重列走行に注意してください。
チームメイトと会話したくなる気持ちはわかりますが、走行中の他重列走行は違反ですので絶対にしないようにしてください。

軽い気持ちでの交通法規違反が大きな事故につながることがありますので、
くれぐれも無理をした走行をしないようお願いいたします。

_M9A0924

トラブル1 メカトラブル

スポットを探しているときにメカトラブルが起きた場合は、
パンクやチェーン切れなどは、原則ご自身で対応いただきます。
サドルバック等持参し、スペアチューブやアーレンキーなど、修理キットを携行していただくことをおすすめします。万が一修理が難しい場合は、運営車両で回収にいきますのでご安心ください。

R0014960

トラブル2 救護

気をつけていても、運悪く転倒や接触を起こすこともまれにあります。
怪我をされた場合は、ただちに大会本部までご連絡ください。
運営スタッフが現場に急行します。

また万が一大きな救護案件の場合、個人の判断で救急車を呼んでいただいてもかまいませんが、必ず本部には連絡を入れるようにして下さい。

R0014963

最後に・・・

安全に、そして楽しく帰ってきていただくことが一番ですので、
無理せず、頭を使ってライハンを楽しんでいただければと思います!

吉田②