大会一覧

コースの特徴

コース距離約90km、獲得標高343mの中には、「霞ヶ浦」と「筑波山」の2大スポットがあり、2つの異なる環境を感じながら走る事ができます。適度な勾配がありつつも、コースの大半がつくば霞ヶ浦りんりんロードなので、信号や自動車などのストレスもなく、比較的走りやすいコースになっています。
もちろん、道中で感じる「食」「文化」もあますことなくご堪能ください!

ココが一押し!

爽快に走れる霞ヶ浦の湖畔と、徐々に筑波山麓に近づく景観を楽しみつつ、日本一のサイクリング環境を目指している「つくば霞ヶ浦りんりんロード」を走る。程よい景色の移り変わりと走環境をお楽しみください。

コースプロフィール

距離:約90km / 獲得標高:343m

申込む
申込期間:2017年10月5日まで

コースSTORY

【集合】8:30 【出発】9:00 【解散】16:30~17:00

スタート:歩崎公園

霞ヶ浦サイクリング拠点の1つとなっている「歩崎公園」
公園内のかすみがうら市交流センターには地産品を楽しめる「かすみキッチン」や「かすみマルシェ」がOPEN。14日(土)、15日(日)の2日間で開催されるりんりんフェスタのメイン会場であり、当日は自転車の祭典が開催されます。


12km(所要時間:30分)

スポット1:霞ヶ浦環境科学センター(12km地点)

自転車サポートステーションにも登録されている当施設は、霞ヶ浦をはじめとする県内の湖沼、河川の水環境や大気環境などの保全を目的に設立されました。施設内には霞ヶ浦を中心にした大きな地図があり、これから走るルートを予習することができます。


18km(所要時間:1時間)
※途中コンビニ休憩あり

スポット2:藤沢休憩所(30km地点)

1987年に廃線となった旧関東鉄道筑波線の線路敷き跡地を、つくば霞ヶ浦りんりんロードとして活用し、藤沢休憩所も旧駅舎の名残を残しています。土浦駅川から走行し、昔ながらの風景が残る街並みを抜けると、一気に田園風景が広がってきます。


20km(所要時間:1時間30分)

スポット3:茨城県フラワーパーク・TORETAランチ(50km地点)

1年を通じ、広大公園内には香り立つ程の花々が訪れる者を迎えいれます。10月はバラの季節。世界のバラ800品種30,000株が植栽されています。隣接するお食事処「toreta」では石岡市八郷地区で大切に育てられた野菜、米、果物をご堪能いただけます。


7km(所要時間:30分)

スポット4:常陸風土記の丘(57km地点)

常陸風土記の丘は『歴史の里・石岡市』を象徴とする歴史的財産を有意義に活用した施設です。同じ敷地内には世にも珍しい「獅子頭展望台」があり、その頭部の中に入れる構造になっているため記念撮影スポットとしておススメです。また桜の木が多く、ぜひ春にも訪れていただきたい場所です。


15km(所要時間:50分)
※途中コンビニ休憩あり

スポット5:ダイヤモンド筑波ビューポイント(72km地点)

筑波の山麓を通過し、再び霞ヶ浦の湖岸へ戻って数km進むと、霞ヶ浦ごしに筑波山が観られるスポットへ。ダイヤモンド筑波とは年2回、5月中旬と7月中旬の間、筑波山の2つの頂の真ん中に夕日が沈んでいく様をそう呼びます。


12km(所要時間:30分)

スポット6:虹の塔(84km地点)

高さ60メートル、自慢はなんといっても360度のパノラマ。ここまで走った霞ヶ浦や筑波山はもちろん、晴れた日には富士山、そして霞ヶ浦の対岸まで見ることができるスポットです。いよいよゴールは目前、1日を振り返り最後の思い出に浸ってください。


4km(所要時間:20分)

ゴール:歩崎公園

これで霞ヶ浦、つくばを担当する(仮称)ツール・ド・かすみがうらは終了です。お疲れ様でした。

募集要項

参加資格

・普段から100km程度のサイクリングされている方、もしくは100㎞程度のロングライドイベントに参加し、完走経験のある方
・集団走行やグループサイクリングなど周りと協調して走行できる方
・長い距離を複数名でペースを合わせて走るグループライドのため、車種はロードバイクに限定させていただきます。

定員:18名(3グループに分かれて出走します)

参加費:4,000円/人 途中での補給食購入、昼食代は含みません。

開催日時:2017年10月14日(土)

集合場所:歩崎公園

集合時間:8:30

出発時間:9:00

解散時間:16:30~17:00

駐車場:会場付近に専用の駐車場をご用意します。
開催が近くなりましたら参加通知と合わせてご案内させていただきます。

申込む
申込期間:2017年10月5日まで