ツール・ド・ニッポンとは

こんにちは!受付の川上です。
今回、ライドハンターズ in 阿見が初開催ということで、運営チームで試走を行ってきました。
スポット候補の場所も踏まえて、阿見町の様子と攻略方法をお伝えします!

まずは、スタート場所の予科練平和記念館でライドハンターズのルール説明を受けた後、作戦会議行います。

スマホとマップでスポットの位置を確認しながら、ルート設計やそれぞれチームのテーマ設定などを自由に行います。

防水のスマホケースを持参して気合十分の先輩でしたが、まさかの充電ケーブルのための穴が無く、使用を断念!バッテリーの消耗が激しいので、充電計画も入念に!

時刻は10:00になり、いよいよライハンスタートです!
※制限時間は本番と同じく4時間。ただし、ポイントが加算されるのは終了30分前までなので、写真を送る時間には注意してくださいね!

スポット全てを回る計画の先輩は、スタート直後ものすごい勢いで会場を去っていきました。

私たちは元気のある最初の1時間は、近場のスポットをどんどん回っていく作戦にしました!

 ライドハンターズは
①ハンティングマップで目的地を設定する
②目的地に向かう
③スポットで写真を撮って事務局に送る
これを繰り返してスポットを回っていきます。


その結果、私達の1時間経過時点でのリザルトはなんと

…3チーム中1位でした!!! 

13スポットを回って120ポイントを獲得。
2位と50ポイントの差をつけることに成功しました!


本番も1時間経過ごとのリザルトをお送りしますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 

幸先よくスタートを切った私たちは、一休みするべくスポットの1つでもある洋菓子屋さんへと向かいました。
そこでなんと、偶然にもう1つの先輩チームと遭遇し、嬉しさのあまり思わず写真撮影!

※本番もライハン参加者同士で遭遇することがあるかもしれません!

そんな時は受付時にお渡しするヘルメットシールとゼッケンを目印に参加者かどうか判断をしてみてくださいね。スポットで出会った参加者同士でお互いの情報交換をして交流を深めてみるのも楽しみ方の1つです!

こちらのお店では、特製のモンブランとドーナツをいただきました。疲れた身体に甘いものが染み渡ります…。

ここで大事なポイントがあります! 

ライハンで重要なのはたくさんのスポットを回る…のはもちろんですが、いかに素敵な写真を撮るかということも重要なポイントなんです。

今回はフォト賞として
「グルメ賞」や「なでしこ賞」、「ベストアイデア賞」といった賞を多数ご用意しています。

脚力があってたくさんスポットを回れる人だけではなく、そうではない人も楽しめる仕組みが満載です!
そして最もいい写真を撮った方に贈られるMVP(ピクチャー)賞ではなんと、豪華賞品が贈呈されます…!! 当日をお楽しみに。
みなさまの各スポットでの至極の一枚をお待ちしております!

洋菓子屋さんを後にした私たちは、開始1時間の時と同様にスポットをどんどん回っていきます。
スタート直後はなるべく早く写真を撮って送ることに専念し、ある程度ポイントも稼ぐことが出来たので、ここからは少しずつフォト賞目当ての写真を撮ることにしました。
携帯のセルフタイマーをセットしてジャンプをしてみたり、直売所の大きな野菜と一緒に写真を撮ってみたり。

他チームの先輩はこんなアングルで写真を撮っていたようです。 

この発想はなかったです…。

こういった工夫を凝らした写真をとるのもライハンを楽しむコツの一つです。
楽しい写真・面白い写真を撮ることで、最終的に特別賞も狙えるので、楽しみながらいろいろ工夫をして写真を撮ってみてくださいね。

そうこうしているうちにあっという間に2時間が経過。
ここでもなんと、3チーム中1位でした!!!

 21スポットを回って235ポイントを獲得。2位との差をさらに広げました!

終了まで残り2時間となったところでお腹もすいてきたので、昼食をとることにしました。
先輩が選んだのはハンバーグ、私はカキフライのプレートを注文。
グルメ賞を狙ってここでも真剣に写真を撮ります!

最後はお店の方と記念に一枚。

もっとゆっくりしたかったのですが、次のスポットへ向かうべくお店を出発。
すると…外は雨が降り出していました。

 

雨に打たれ、体感温度も下がりだんだんと足取りも重くなります。
このようなもしもの雨に備えて、しっかりと雨対策をすることをおすすめします!

水を弾くウインドブレーカーなどで体温調節をしっかりと行う、携帯を雨から守るケースに入れておくなど、しっかりと準備しておくと当日も安心です。

雨が降ってきてしまったので、これ以上遠くへ行かず、近場のスポットを回って会場に戻ることにしました。帰りは霞ヶ浦沿いを走ります!

みなさんも町中はもちろんのこと、霞ヶ浦沿いの整備されたサイクリングロードを走ってみてはいかがでしょうか。信号もなくとても気持ちよく走ることができますよ! 

湖畔沿いにはこんな標識が。

そのまま自転車を走らせること数十分。無事、会場に戻ってきました!

 

そしていよいよ結果発表。 

22スポットを回って240ポイントを獲得。

結果は…2位でした!
1位の先輩は28スポット、460ポイント。

2時間経過時点ではダントツでしたが、そこから失速してしまったのが敗因です。

それでも十分1日を使って楽しめ、街のことを知ることができました!

 

いかがでしたか?

ライハン終了後はお互いの写真を見ながら、振り返り。
ここのお店が美味しかった、ここの景色が綺麗だった。
こんな風に振り返ってみると、阿見町のたくさんの良いところに気付くことが出来ます。 

1人で自由に回るのはもちろん、チームでわいわい回るのもあり。脚力に自信がある人もない人も十分に楽しむことが出来る。それがライドハンターズです!

さらにチーム内で役割を分担して進めていくのも良いですね。
当日はライハンを通して、阿見町の魅力を知っていただけると嬉しいです!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。
ライハンへの参加を検討されている方、ぜひみなさんのご参加お待ちしています!