ツール・ド・ニッポンとは

『白崎エンデューロ in 由良』 に行ってきました!

5月を目前に控えて、春風が吹けば温かい風とともに花粉が舞うこの季節。みなさまいかがお過ごしですか?

こちらはどうも花粉は舞っていないようですが、海を目前にして塩が空を飛んできます。

先日私たちがどこにいたのかというと、『和歌山県日高郡由良町』にある海岸沿いの公園におりまして、

4月22日(土)、23日(日)に『白崎エンデューロ in 由良』を開催してきました!

『由良町(ゆらちょう)』ってどんなところ?

和歌山県の中央を西に指さしていった海沿いに由良町があります。直線距離では四国がとても近い場所です。

由良町は、和歌山県のほぼ中央部に位置する町である。 町全体は東西に広がり、東側は山地、西側は紀伊水道に面する。町西部には県立公園白崎海岸があり、石灰岩でできた幻想的な風景が広がっている。 その幻想的な風景は万葉集に読まれており、歌碑も設置されている。 -Wikipediaより

大自然に囲まれている場所で、山深い道を抜け、断崖絶壁とのどかな町並みを見ながら会場に向かいます。

この断崖絶壁の岩がとても特徴的で、「日本のエーゲ海」と呼ばれる由良はこの青い海と白い岩に由来しています。

なかなか写真でお伝えしきれないのですが、会場は日本ではないような壮大さを感じる場所です。

前日イベントの様子をご紹介!

前日はキッズ対象のミニレース体験と、ミニ四駆(懐かしい!)のレースが行われました!

レース当日の様子をご紹介!

前日はキッズ対象のミニレース体験と、ミニ四駆(懐かしい!)のレースが行われました!

レース当日の様子をご紹介!

いよいよレース当日がやってきました!

今回、参加者は約220名弱なのですが、
(もちろん首都圏や有名なレースに比べたら220名とアットホームな規模ですが、)
町の方や、宿泊した宿のおばちゃんからは「200人も来てくれるの!」という声を多数聞きました。
実は新聞にも大きく取り上げていただきました!

レース

さて!それでは早速大会当日の様子をみていきましょう!

コースがこちら

風との戦いになる海岸線沿いのコースです。
受付時間の終了と同時に、今回ゲストライダーとして参加していただいた

マトリックスパワータグの向川選手から初心者に向けたクリニックが行われました。

とにかく風が強かった!

今回は2時間エンデューロをソロ・チームが別々の時間帯で走るスケジュールとなっておりました。

チームの2時間エンデューロであれば、正直ちょっと短く感じるのではないかな・・・なんて思ったりしましたが、
終了してみて、まったくその心配は無用!風が強すぎて満足感たっぷりのレースとなりました。

写真では全然伝わりませんが、煽られて体が倒れるくらいの風が吹いていました。

よーくみると、うしろののぼりが引きちぎれそうなくらいなびいています・・・(実際ちぎれました。)

終わりに

毎年風に悩まされる大会ではありますが、その分走った満足感は半端じゃない!

はじめての方も、ベテランの方も、この上ない絶景の中を走り自然を体で感じられる最高の大会でした。

地元のスタッフの方々に支えられて、温かい雰囲気で過ごせるのも魅力のひとつですね。来年もみなさまのご参加をお待ちしております!

本大会のリザルトはこちら!

この記事を書いたのは

profile_170307