大会一覧

朝から夜まで走り続ける!辛いの承知で挑む夏の耐久


茨城県下妻市にある日本を代表するサーキット『筑波サーキット』。
圏央道が開通して都心からのアクセスがさらに良くなり、
毎週、車やバイクのレースを行っているこの場所が、この日は自転車レースのためだけに開放されます。
モータースポーツの観点では、このコースは距離が比較的短いわりに複雑なコーナーが続き、ラップタイムにマシンのパワー差が出にくい=ライダーの技術が勝敗を左右するコースと言われています。

さて、そんな筑波サーキットで、真夏の8月5日(土)、ツール・ド・ニッポン第7戦「9極の耐9 in 筑波サーキット」が開催されました!
BURNING MAN RACEにつづき、夏の暑さの厳しい大会です。一日を通して日差しが出た時間は短かったものの、気温は37度まで上がりました。
そんな気温も大会も熱気に満ちた様子を写真と一緒にお届けします!

耐9名物「ピットの場所取り」

耐9では各チームごとに事前にピット場所が割り当てられ、そこを交代の拠点として使用します。
なので、その交代の場所にちかいところにベーステントを張りたいと思うのが人の心理。そのテント設置場所を巡って、毎年会場OPNE時に珍風景が見られます。
先頭に警備員、運営スタッフが立って、順番を守りながら進んでいきます。下記は早送り動画です。

実は映したかったのはこの数メートル先の話、、、

スタッフの管理から解放された瞬間、ピット設置場所めがけて、猛ダッシュ!
激しさのあまり、私は自分の身を守るためまともな写真が撮れませんでした。。(私の居た場所が悪かった。)

ダッシュは先頭の方のみで、すぐに落ち着いて、このくらいで入場していきます。
自分のピットから近いテントエリアの確保など、場所取りの目的はいろいろですが、
十分テントエリアはありますので、このタイミングで怪我をしないよう、安全な運営へのご協力を改めてお願いしたいところです。

9時間を過ごすベースとなると、他の大会よりもやはりピットの準備が手厚いように感じます。

受付をして、いざレースへ!

真夏の大会ということで、耐9でも熱中症対策として1人1本のドリンクや、ドリンクステーション、プール・シャワーを用意しました。

レースの様子


午前中は4時間、午後は5時間を走ります。

ゲストに宇都宮ブリッツェンとホンダ栃木の選手総勢12名が駆けつけてくれました。

先頭集団が大きくなる傾向にあるサーキットレースでは、先頭集団の通過を知らせたり、ラインキープの徹底や安全管理のために『オートバイ』を導入しています。
みなさん筑波サーキットでのレース参加経験が豊富な方で、一緒に大会の安全な運営に協力していただいています。


号砲でスタート。コースを1周した後グリーンフラッグが振られた場所から本スタートとなります。(ローリングスタート)




コースの様子はサーキットの中心にある管理塔ですべて確認することができます。

チームメイトの帰りをピットで待ちます。

ゴール後の清々しい顔はいつ見ても輝いています。

会場の様子

会場では暑さ対策が各所に。補給などのブースもあります。

昼休憩では少し日差しも出てきて、プールとシャワーが大盛況。

飲食ブースで食事をとることもできます。

地元の野菜も冷やして販売されていて、嬉しい。

補給食などもブースで販売。

ゴールはウイニングランで!

これも耐9恒例で、ゴールを全員で称え合うイベントです。


最後は表彰式!この頃には真っ暗になります。

耐9恒例!入賞者の『シャンパンファイト』

耐9では必ず表彰式にシャンパンファイトを行います!

気温が高いこともありコルク栓が予想よりも早く飛びがち・・・コツが要ります。

でも最高に楽しい!やる方も、見る方も自然と笑顔になります。
表彰台に上がってシャンパンファイト。一度はやってみたいですね。

ピットの楽しみ方は十人十色!

エンデューロで9時間というのはかなり長いものになります。
もちろん昼食などの食事もピットで取ることになるので、そこには自然と創意工夫が生まれています。

そこで今回はピットでの食事を『ピット飯』と命名して取材してきました!
⇒お昼休憩みんな何食べる?「ピット飯」突撃レポート!

例えばこんなもの・・・

ピットに桶!?

フォトムービー

おわりに

いかがでしたか?
9時間はやっぱり長い。
選手のみなさん、それを支える応援・チームメイトのみなさん、それからスタッフ、ボランティアのみなさん、この気力と体力にいつも脱帽します。
選手のみなさんとも会話をする機会も多いのですが、口々に「長い」「まだ終わらない」そう言うその顔は必ず笑っています。
9時間を耐えながらも楽しむ。夏の暑さも楽しみながら乗り越える。シンプルなことですが、素敵なことだなと改めて気付かされるのでした。

次回大会は「富士山ロングライド」

9/3(日)、富士五湖をぐるっと巡るサイクリングイベント「富士山ロングライド」開催!
次々と変わる富士五湖の景色に癒やされ、富士山の姿にパワーを貰います。

富士山ロングライド 公式サイトはこちら

大会の様子はまた次回のレポートで!それではまた、アディオス!!

この記事を書いたのは