• '22
    エントリー開始
    9/11
    富士山ステージ
    (静岡県・山梨県)
    富士山1周サイクリング
    日程
    2022/9/11
    場所
    静岡県御殿場市
    種目
    サイクリング
    クラス
    順位を競わず、走ることを楽しむカテゴリーがあります。
  • 受付中
    8/20
    あしがらステージ
    (神奈川県)
    あしがらロングライド around 開成
    日程
    2022/8/6
    場所
    神奈川県開成町
    種目
    サイクリング
    クラス
    順位を競わず、走ることを楽しむカテゴリーがあります。
    ビギナーでも挑戦しやすいカテゴリーがあります。
  • 開催7日前
    7/9
    筑波ステージ
    (茨城県)
    9極の耐9 in 筑波サーキット
    日程
    2022/07/9
    場所
    茨城県下妻市
    種目
    エンデューロ
    クラス
    周回数やタイムを競い、勝ち負けのあるカテゴリーがあります。
  • 終了
    7/2
    日産スタジアムステージ
    (神奈川県)
    日産スタジアム・サイクルパークフェスティバル
    日程
    2022/07/02
    場所
    神奈川県横浜市
    種目
    エンデューロ
    クラス
    周回数やタイムを競い、勝ち負けのあるカテゴリーがあります。
    順位を競わず、走ることを楽しむカテゴリーがあります。
    ビギナーでも挑戦しやすいカテゴリーがあります。
  • 終了
    4/2
    袖ケ浦ステージ
    (千葉県)
    袖ケ浦チャレンジ
    日程
    2022/4/2
    場所
    千葉県袖ケ浦市
    種目
    エンデューロ
    クラス
    周回数やタイムを競い、勝ち負けのあるカテゴリーがあります。
    ビギナーでも挑戦しやすいカテゴリーがあります。
  • '21
    終了
    11/21
    大島ステージ
    (東京都)
    伊豆大島 御神火ライド
    日程
    2021/11/21
    場所
    東京都大島町
    種目
    サイクリング
    クラス
    順位を競わず、走ることを楽しむカテゴリーがあります。
    ビギナーでも挑戦しやすいカテゴリーがあります。
  • 終了
    11/14
    上天草ステージ
    (熊本県)
    ライドハンターズ in 上天草
    日程
    2021/11/14
    場所
    上天草市
    種目
    ライドハンターズ
    クラス
    順位を競わず、走ることを楽しむカテゴリーがあります。
    ビギナーでも挑戦しやすいカテゴリーがあります。
  • 9/20
    石巻ステージ
    (宮城県)
    ライドハンターズ in 石巻
    日程
    2021/9/20
    場所
    宮城県石巻市
    種目
    ライドハンターズ
    クラス
    順位を競わず、走ることを楽しむカテゴリーがあります。
    ビギナーでも挑戦しやすいカテゴリーがあります。
ツール・ド・ニッポンとは

ツール・ド・ニッポンを運営する一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパンでは、全国の15歳~74歳の男女10,000人を対象にした「サイクリスト国勢調査2021」の調査結果を発表しました。

 

調査の目的と内容

「サイクリスト国勢調査」は、国内でサイクリングを楽しむ「サイクリスト」の行動実態把握を目的としたもので、2018年に続き2回目の実施になります。
今回は主に、2020年以降の新型コロナウイルス禍を受けて、国内のサイクルツーリズム市場にどんな影響があったのか、人々のマインドや行動実態がどのように変化したのか、また新型コロナウイルス収束後の行動意欲などを、定量的なデータ分析から明らかにしています。

 

調査結果の公開と活用

「新しい生活様式」の中で、どのような自転車の楽しみ方(コンテンツ)が求められるようになったかを把握することで、各地域でのサイクルツーリズムの推進・実行に活かしていきます。
結果については広く一般に公開し、地方自治体や地域の観光振興・スポーツ振興団体等が、今後サイクリスト誘客に取り組む際に活用することを想定しています。

本ページでは「サイクリスト国勢調査2021」の調査結果をもとに、調査結果の一部を「サマリー・レポート」としてご紹介いたします。

 

サイクリスト国勢調査2021の調査結果サマリ

 

ざっくり言うと・・・

直近1年以内でのサイクルツーリズム経験者は18.2%。人数としては、約1,382万人。(前回比-2.1%/約-199万人)。

・サイクルツーリズムの国内マーケットは、推計値のため誤差はあるが、全体として年間約1,315億円である。(前回比+59億円)。
  *1年以内の経験人数は減少しているが、消費総額は増加している。

・サイクルツーリズムで地域を訪れる際の予算は、1回あたり平均約3.7万円/人(前回比 約+0.6万円)。前回と比較すると、「宿泊施設」以外は予算額が上昇。
宿泊できない分、他の消費に回している可能性が考えられる。

・走った地域について、76%が「その地域をまた自転車で走りに来たい」と思っている。75%が「この地域のことを友人にお薦めしたい」、72%が「自転車以外でまた観光しに来たい」と思っている。

・前回より「老後をここで暮らしたい」「この地域にセカンドハウスが欲しい」という意向が上昇している。

・サイクリストのセグメンテーション分析では、「日常の移動手段層」が減少し、それ以外のセグメントは微増している。特に「サイクリングイベント層」の増加が顕著(設問を「スタンプラリー等の期間型イベントを含む」とした影響もある)。
 *元々移動手段として利用していた層が、アウトドアアクティビティなど別の用途での自転車利用に流れている可能性も考えられる。

・コロナの影響で、ライトユーザー層のツーリズム行動に明暗が分かれたと考えられる。ツーリズム行動を控える人がいる一方、アクティべ―トされた人もいる。

・市場構成比率の高いライトユーザーの中で、積極的にサイクリングを嗜好する人がツーリズム消費額を増やしたことで市場を牽引したといえる。

・コロナ後の自転車利用意向は高いが、移動手段・健康目的が多い。レジャー用途としての意向も30%を越え、特に若年層では40%を越える。いかに、自転車を「余暇のツール」として提案していくかがポイント。

・直近1年以内にサイクルツーリズムを経験している人は、2018年よりも地域での体験の幅が広くなっている。コロナ後からサイクリングを開始した人は、「アクティビティ」や「地元ガイドによる観光」を多く行っている。

・1人での参加は減少しており、配偶者や子ども、父母といったファミリーでの参加が特に増えている。外出機会が減ったことによりアウトドアのアクティビティを求めて旅行・レジャーの手段としてやツーリングの用途で開始している。

・ただし「サイクリングイベント」「ツーリング」共に2割程度は行動を控えている。特に「サイクリングイベント層」「レース層」はイベント参加を控えている割合が高い。

 

調査結果「完全版」のデータダウンロード

サイクリスト国勢調査2021の「調査結果レポート完全版」には、

・コロナ禍前後におけるサイクルツーリズム市場やサイクリストの行動様式の変化
・都市圏及び非都市圏のエリア別分析
・自転車の開始時期における行動様式の比較

などを掲載しております。

下記フォームに必要事項を入力のうえ申請をお願いいたします。
※完全版レポートの配布は地方自治体様など公的機関のご関係者様のみとさせていただいております。

地方自治体/DMO/スポーツコミッションの方はこちら

 

調査結果の引用・転載について

・調査データの引用・転載の際は、必ず「出典:ツール・ド・ニッポン(一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパン)」と明記いただけますようお願いいたします。
・引用・転載先がWebページ(メディア/ブログ等)である場合、当該記事のURLをリンクしてご掲載ください。
・報道関係者様による引用の場合、利用・掲載状況の把握のため、こちらまでお問い合わせいただけると幸いです。