• '24
    エントリー開始前
    10/6
    富士山ステージ
    (静岡県・山梨県)
    富士山1周サイクリング
    日程
    06/10/2024
    場所
    静岡県御殿場市
    種目
    サイクリング
    クラス
    順位を競わず、走ることを楽しむカテゴリーがあります。
  • 受付中
    9/23
    日産スタジアムステージ
    (神奈川県)
    日産スタジアム・サイクルパークフェスティバル
    日程
    2024/9/23
    場所
    神奈川県横浜市
    種目
    エンデューロ
    クラス
    周回数やタイムを競い、勝ち負けのあるカテゴリーがあります。
    順位を競わず、走ることを楽しむカテゴリーがあります。
    ビギナーでも挑戦しやすいカテゴリーがあります。
  • 受付中
    8/17
    大子ステージ
    (茨城県)
    いばらきKOM in 八溝山
    日程
    2024/8/17
    場所
    茨城県大子町
    種目
    ヒルクライム
    クラス
    周回数やタイムを競い、勝ち負けのあるカテゴリーがあります。
  • 締切
    6/23
    大館ステージ
    (秋田県)
    ハチ公きりたんぽライド
    日程
    2024/6/23
    場所
    秋田県大館市
    種目
    サイクリング
    クラス
    順位を競わず、走ることを楽しむカテゴリーがあります。
    ビギナーでも挑戦しやすいカテゴリーがあります。
  • 締切
    6/22
    筑波ステージ
    (茨城県)
    9極の耐9 in 筑波サーキット
    日程
    2024/06/22
    場所
    茨城県下妻市
    種目
    エンデューロ
    クラス
    周回数やタイムを競い、勝ち負けのあるカテゴリーがあります。
  • '23
    終了
    10/29
    富士山ステージ
    (静岡県)
    富士山ヒルクライム
    日程
    2023/10/29
    場所
    富士山スカイライン
    種目
    ヒルクライム
    クラス
    周回数やタイムを競い、勝ち負けのあるカテゴリーがあります。
  • 終了
    5/27-28
    加賀ステージ
    (石川県)
    温泉ライダーin加賀温泉郷
    日程
    2023/05/27-28
    場所
    石川県加賀市
    種目
    エンデューロヒルクライム
    クラス
    周回数やタイムを競い、勝ち負けのあるカテゴリーがあります。
    順位を競わず、走ることを楽しむカテゴリーがあります。
    ビギナーでも挑戦しやすいカテゴリーがあります。
ツール・ド・ニッポンとは

2017年10月15日(日)、秋雨の中での開催となった今年のかすみがうらエンデューロ。それでも欠席率は5%程度ととても少なく、ほぼ全チームでの参加となりました。
逆に言うと、ほとんどの方が雨の中自転車に乗っている。そんなとき、みなさんはどんな雨対策をしてレースに臨んでいるのか?雨の日の参考になればと、ピットを直撃して聞いてきました!

靴からの浸水を防ぐ!見えないけど実は◯◯

はじめに伺ったのはこちらのみなさん
「雨対策でなにか工夫してることはありますか?」

「靴の穴を塞いでます」
と、こちらの方はシューズのメッシュになっている部分を、なんと青いビニールテープで塞いでいました!靴が夏用なんだそうです(笑)

「でもこの雨じゃ全然入ってきます(笑)」

雨・風対策にはシートを追加

次に伺ったのがこちらのみなさん

「いつもシートを1枚余計に持ってきてるんです」ということで、シートを壁のようにして雨風を防ぐようにしているそうです。

なんでも梱包ラッピング

次に伺ったのはこちらのテントのみなさん
「なにか雨対策していますか?」

「このヘルメットと・・・」

「靴にラップを巻いてます!」
靴の中と外にラップを巻いて水の侵入を防ぐ作戦ですね!蒸れそうです(笑)

実は梱包のためのラップを使っているんだそう。巻くときも巻きやすそうなローラー状になっています。満面の笑顔で紹介してくれました!

簡易かっぱはあるもので代用

次に伺ったのはこちらのチーム

「雨対策はこれしかしていません!」と、ゴミ袋を見せてくれました。
両腕を通す穴を作って、ジャージの上からかぶっているんですね。一応、胴体が濡れずに寒さから逃れられそうではあります!
サイクリングなんかで外出中に手持ちがないときにも、これなら難を凌ぐこともできそう。

お邪魔しました!

その他の案のみなさん

こちらはテントのメッシュから雨が入ってきてしまうそうなので、ビニールで塞いで活用していました。
大きめのゴミ袋は雨の日にはなにかと大活躍です。

そしてこちらはチームメイトから「雨対策のプロ」と呼ばれていた方に紹介していただいた「オイル」

全身に塗って水を弾くのと同時に、発熱効果のある成分が入っているので、体を温めてくれるそうです。
そんなものがあるのですね!特にシクロクロス用にはこういったものもあるんですね。イナーメスポーツアロマ

おわりに

いかがでしたか?
雨に濡れるとそれだけでかなりの体力を消耗します。これからの雨対策の参考になれば幸いです。
レースや雨の日のサイクリングでは十分な雨対策を準備して臨めるようにしたいですね。
でも時には、勇気を出して欠場を伝えることも大切ですよ。

この記事を書いたのは